農業生産法人 有限会社うしちゃんファーム

世界基準への取り組み世界基準の安心・安全へ。うしちゃんファームの取り組み

全農場、農場HACCP認証目指す

うしちゃんファームでは安心・安全な商品を提供するにあたり、全農場においてHACCPの認証を目指しています。HACCPとは、 食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようとする衛生管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関( FAO )と世界保健機関( WHO )の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。 (厚生労働省HPより)

国際基準を導入することにより社内での衛生管理に対する意識がさらに向上し、生産性も向上、HACCPを求める海外の事業者(小売業者等)との取引も円滑に進めることが可能になります。

ページ上部へ